リサイクルインクカートリッジを使う

リサイクルインクカートリッジのメリットとデメリット

リサイクルインクカートリッジは、使用済みの純正インクカートリッジを回収してリサイクルした製品であり、環境にやさしい製品として注目されているものですが、実際使ってみたらどうなのか、メリット、デメリットをご紹介します。

コスパに優れているもの

リサイクルインクカートリッジは価格が圧倒的に安く、ものによっては純正品の10分の1のものもあり、コストパフォーマンスに優れていることが最大のメリットです。品質についても、メーカーにもよりますが、純正インクと同等並のものもあります。再生品なのでエコで地球に優しく、特に細かいことを気にしなければ品質面においても問題ない製品です。印刷できる枚数も純正品を変わらず、主にモノクロ印刷が多いというかたであれば価格面で圧倒的にメリットがあるでしょう。また、リサイクルインクカートリッジは工場で製造するオリジナルカートリッジのため、純正品よりインクを多めに充填する大容量インクもあり、使用用途に合わせたタイプを選ぶことでよりコストパフォーマンスをさらにあげることができます。

品質にばらつきがある

リサイクルインクカートリッジは、製造メーカーにもよりますが、耐光性、耐水性、色の正確さ等の品質においてバラツキがあるという点と、トラブル時にメーカー保障期間内でも無償修理を断られる可能性があるところがデメリットです。また、リサイクルインクカートリッジは使い切った純正カートリッジを回収して再利用する関係上、その作業の経費がかかるため、互換インクと比べると割高になります。他にも製造メーカーやカートリッジの種類にもよりますが、使い切った後にインク詰め替えても、プリンター側でインク残量が0として表示されてしまいます。これはなるべくインクカートリッジを再利用させずに純正品を購入させようとするメーカーの販売戦略からなるものです。

価格を重視するかどうかが大事

リサイクルインクカートリッジのメリット、デメリットをまとめると、とにかく価格を重視するかどうかです。デメリットは品質やサポート面ですが、実際にそのデメリットが発生する頻度や確率と価格面を総合的にどう判断するかです。印刷品質も実際は素人目ではほとんどわからないレベルですので、「どんなものを印刷するのか」という点を1つの判断基準とし、大切なお客様や上司等に送るようなシーンがある場合は検討の余地があるかもしれませんが、プライベートで特にモノクロ印刷が多いようなシーンで利用する分には全く問題ないと考えてもよいでしょう。また、カラー印刷についても最近は精度があがってきていますので、実際に印刷を行い、気になるかどうか確認してから今後の活用を考える方法もおすすめです。

リサイクルトナーの注文はこちらのサイトがおすすめで、料金も安く購入することができるので節約になります。 通販会社のお客様へのメッセージは、環境にやさしいエコロジー商品を一人一人のお客様に提供することです。 当社のリサイクルトナーは、厳しいすべてのテストに合格した製品のみを取り扱っております。 リサイクルインクカートリッジで環境へ優しさを