リサイクルインクカートリッジの使用

リサイクルインクカートリッジって使って大丈夫なの?

リサイクルインクカートリッジは純正のインクカートリッジと比べて値段が安価であるがゆえに品質が劣っていたり、プリンターに負担をかけるなどの心配する声もあります。ですが、それらはほとんどが心配するほどのものではなく、上手く付き合っていけばこれ以上ないほどのパートナーとなるものなのです。

そもそもリサイクルインクカートリッジって?

リサイクルインクカートリッジとは、使い終わったプリンターのインクカートリッジを回収しそこからまだ使用できるインクをひとまとめにして再度しようできるように加工したものです。これらは互換インクとも呼ばれ、純正のインクと比べて非常に安価であることが大きな特徴です。家電量販店やホームセンターなどで販売しているものは主に家庭用のリサイクルインクカートリッジですが、中には業務用のものも通信販売などで購入することもできます。だからといって安かろう悪かろうという品質ではなく、純正のインクカートリッジと同程度の品質を保持しているものが非常に多いので、プリンターに余計な負担をかけることもありません。またリサイクルとついている通り地球環境に非常に優しいものとなっています。

当然メリットだけではありません

リサイクルインクカートリッジは純正のインクカートリッジと比べて品質は同程度のものですが、すべてのものがそうであるとは限りません。中には使用している機器との相性の問題もあります。ただ、この点は純正のインクカートリッジでも発生する問題ですので、過度に気にすることはありません。さらに純正のもとと大きく違う点があります。それは「インクの残量が表示されない」という点です。これはインクを入れているカートリッジがオリジナルのものであることが要因で、純正品に搭載されているICチップがリサイクルインクカートリッジには搭載されていないことが原因となっています。そのため、プリンターの種類によってはただ単に装着するだけではプリンターが認識せず、設定を変更しなければならない場合もあります。

どのような場面でリサイクルインクカートリッジを選ぶべきか

リサイクルインクカートリッジは純正のインクカートリッジと比べて同程度の品質ながら大容量かつ安価であることは先に説明した通りです。ですから、大量にプリントアウトする場合には非常に心強い味方となります。例えば、自分自身で大量のチラシを印刷する場合や就職活動の際にパソコンで履歴書や職務経歴書などを多く印刷する場合には、純正のインクカートリッジを使用するよりもコストパフォーマンスが優れているといえます。他にも通常の印刷は純正のインクカートリッジで行い、クリーニングや目詰まりの確認などをリサイクルインクカートリッジで行うといった使い分けもできます。他にも環境に配慮する場合でもリサイクルインクカートリッジが有効であることは間違いりません。