純正とリサイクルインクカートリッジ

知っておこう!純正とリサイクルインクカートリッジの違い

プリンタのインクは大きく分けて純正品・リサイクル品・互換品という3つのタイプが販売されています。しかし、それぞれの特徴を理解して購入するものを選んでいる方は意外と少ないようです。そこで今回は、誤認識の多い純正品とリサイクルインクカートリッジのそれぞれの特徴について詳しく解説して行きたいと思います。

純正のインクカートリッジの特徴

まずは純正のインクカートリッジの特徴から見ていきましょう。やはり純正最大の魅力として挙げられるのは、『品質』です。これは互換品ややリサイクルインクカートリッジの品質が悪いといっているのではありません。各プリンタメーカーがそのプリンタに最も適した商品として細かな検証を何回も重ねて販売している高品質のものになりますし、保証も適応されますのでユーザーとしては安心して利用することができるということです。価格こそリサイクルインクカートリッジには敵いませんが、品質や保証の面も考えるとそれはしょうがないことでもあります。何故なら多くのプリンタメーカーはプリンタ本体を赤字覚悟の安値で販売し、インクで利益を上げているからです。

リサイクルインクカートリッジの特徴

リサイクルインクカートリッジの最大の魅力は、『カートリッジは純正品のままで純正品よりも低価格』という点です。使用済みのカートリッジを加工したものに別のインクを補充して再販されていることから「再生インク」とも呼ばれています。以前はプリンタが壊れやすいなどという悪評もありましたが、時代と共に品質も向上し、現在はそのようなトラブルは限りなく少なくなってきています。プロの目から見ても純正品と区別がつかないレベルの品質を実現していますし、リサイクル品を利用するということは環境への配慮をしていることにもなりますので利用者も年々増えてきているカートリッジです。唯一デメリットを挙げるとすれば、中古のカートリッジを再利用していますので一部の商品はプリンタでのインクの残量表示がされなくなる可能性があるということでしょう。

特徴を理解して自分に合ったものを利用すべき

前述したように、品質や保証面では純正品が勝り、価格や環境への配慮という面ではリサイクルのインクカートリッジに軍配が上がるといった状況です。それぞれの特徴をしっかりと理解しておくことで、その時々の自分のニーズに合ったカートリッジを選ぶことができますので今回ご紹介した内容は頭に入れておいて損はないかと思います。
また、リサイクルインクカートリッジは販売店の使用済みカートリッジ回収BOXで回収したものから再利用できるものを選別し、修理や加工といった工程を経てして再販されています。ですので地球環境の為にも純正品とリサイクル品のどちらを利用してもインクがなくなったら回収BOXに入れておくよう心がけましょう。